WEBマーケティング

アクセスを稼ぐ!ブログの書き方!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コタム夏休み特別企画

こんにちわ!!!個人的な夏休みが終わってしまって愕然としているタムちゃんです。

暑いですね。とにかく暑い!!!6月頃にニュースで今年は冷夏になりそうです。なんて言っていたのにとんでもなかったですね。猛暑ですよ!! ランチに行っただけでビッチョンコですよ!!!!

というわけで此度は、「アクセスを稼ぐ!ブログの書き方!!」です。

今回の記事はあくまでもアクセスを稼ぐための手法です。「売れる!」という手法とは異なりますが、売れるためには先ずは周知しなければなりませんね。という訳でアクセスを稼ぐ為の手法を今回は記事にします。

こんなことでお困りではありませんか?

  • サイトを作ったけど、お問い合わせがほとんど無い。
  • サイトを立ち上げたばかりでなかなかアクセスが増えない。
  • 広告を打てるだけの予算がない。

などなどサイト運営の悩みは沢山あると思います。

そこで、私達がオススメする方法が自社ブログを開設する! !です。

あたりまえですが、ただ開設するだけでは意味がありませんね。

私達がお客様に説明するときは、

①お気に入りに追加して、後から読み返してもらえる内容

②同業者や関連業種から「参考リンク」として紹介される内容

③お客様とのロングインタビュー

この3つを意識して、ブログを100記事近く書いてみることです。 あとは、放っておいても集まります。実際、私達も何度と無く心が折れました。。 これをやるには相当の覚悟と時間が必要です。WEB集客に掛ける本気度が試されますよね。 本気でWEBで集客するぞ!!という信念がなければそうそう続くものではありません。

しかしながら、この努力をすれば必ず結果はついてきます。まったく効果が無い。なんてことはまずありません。WEB解析で数値を追っていけば一目瞭然です。

ですので、あきらめない心の強さ。メンタル力。というものがなければこれは続かないでしょう。100記事も書くのなんて無理ムリ~。という場合は、そもそもWEB集客の手法が向いていない方なので、 別の手法(チラシやDMなどのアナログな方法)に切り替えることをオススメします。

過去にWEBが持てはやされた時は、このようなことが言われていました。

「サイトは24時間働く営業マン!」

この考え方はもう古いです。嘘です。

サイトはご自身で育てるものであり、それなりの努力をしなければ結果は出ませ。しかし努力すればこそ、結果が見えてきます。

しかし、①~③を意識してもアクセスが増えない。という場合もでてきます。そんなときは、以下のような問題があるパターンが多いので、確認しておいてくださいね。

・お気に入りに登録されないか、紹介してもらえない
→ ひとりよがりになっている可能性が高い(今回は掘り下げません)

・ロングインタビューの内容が形式的すぎる
→ 作られてる感が強いと共感されない(今回は掘り下げませんよ!)

・そもそもSEOができてない
→古いホームページではよくあるので構造化が大事(内部SEOにも気を配りましょう)そろそろ作り変えが必要かもしれませんね^^; ホームページの賞味期限は約5年。とも言われています。(SEOやhtmlの新バージョンなどドンドン新しい技術がアップデートされるため、サイクルが早いのです。) という問題があります。サイトをリニューアルすることを視野に入れても良いかもしれませんね。

まとめ

結局、動かなければ始まらないですね!! ブログで集客した後の動線もちゃんと作らなければなりません。サイトを作れば商品が売れる!という時代はとっくに終焉を迎えています。

タムちゃんは個人的にいろいろなWEB集客の本を読んだり、セミナーに参加したりしてきましたが、 ブログ集客術と言われるものは、みんな大抵今回書いたことと同じようなコト言っています。

それが今でも陳腐化していない手法である、ということは、やればできるのに言い訳してやらないから。なんだと思います。 今回は自分の戒めのために書いたような記事になってしまいました^^; 次は、集客した後に、どのような記事であれば売り上げに繋がるのか?に焦点を当てて書きたいと思います。

タムちゃんでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*