お役立ち

話したかったら書いてみよう!SNSを利用したお気楽英会話勉強法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今この記事を読んでいる方

いきなりですが、問題です。

①昨日の夜あった事を英語で書いてみてください。

いかがでしょうか。
ぱっと書けましたか?

②では、こちらの文章を英訳してみてください。

「昨日の夜は、仕事帰りに友達とレストランでおいしいイタリアンを食べながら楽しく過ごして、おうちに帰ってお風呂に入って歯を磨いて寝たよ。」

良くある光景ですね、こんな経験なら誰でもあるのではないでしょうか。ぱっと書けますか?

③では、こちらの文章を読んでみて下さい。

i had a dinner with my friends after work last night.
we went to a restaurant and spent a great time eating delicious Italian foods.
and then i went back to home, took a bath, brushed my teeth, and went to bed.

先ほどの英訳問題を私なりに英語で書いてみたものですが、大抵の方が特に翻訳機を使用せずに意味が分かるのではないでしょうか。

さて、①②が出来る方で英語が話せない方はいますか?おそらくいないのではないでしょうか。

何故こんな問題を出したかですが、理由は2つあります。

1、英語が話せない人は、英語で書けない!

2、読めると書けるは全く違う!

英語が話せるようになってきてからですが、この読めるけど書けない、この溝が、英会話ではものすごく大きな溝だったんだと分かりました。

というわけで、今日は、色々試してもなかなか話せるようにならなかったデザイナーのeikoが、留学する訳でもなく、英会話学校に通うでもなく、話す内容を英語で書くようになったらいきなり話せるようになった経験を踏まえ、気軽で楽しくて効果抜群の英会話勉強法をご紹介したいと思います。

この勉強方法がおすすめの方

  1. 会社でもプライベートでも英語で話す機会がない(けど話せるようになりたい)
  2. 外国人を見ると、話しかけられたらどうしようと緊張してしまう(けど本当は外国の方といろんなことを話してみたい)
  3. 結構良い大学を出ているのに英語が話せない、もはや英語はコンプレックスだ(でもできることなら話せるようになりたい)
  4. 特に留学経験も、留学予定もない(けど話せるようになりたい)
  5. 英会話学校へ通っているが、使う機会が無いので習った英語が定着しない(話す相手を探す以外の方法を知りたい)。
  6. 英語話せたら楽しいだろうな~、世界がもっと広がるだろうな~と思っている方。

 

目次

  1. 書くだけで英語が話せるようになる?そんな馬鹿な。
  2. 中高合わせて6年間も英語を学んだのに全く話せないのは何故だ?
  3. 脳の働きを知れば納得!書くことが話すことに繋がる理由
  4. 宣言的知識は、これで十分。難しい単語を使うと嫌味に聞こえるらしい。まずは英語の考え方と会話に必要な簡単な英語を知ろう。オススメ書籍のご紹介
  5. 実際に書いてみよう。InstagramやTwitterを使った英会話勉強法。
  6. 最後に、恥ずかしがり屋さんのあなたへ
  7. まとめ
  8. おまけ

1.書くだけで英語が話せるようになる?そんな馬鹿な。

ホント?皆さんそう思うかもしれません。だって、学生時代、英作文の授業はあったし。。。

英語を意識して書くようになったのは2~3年前、丁度InstagramやTwitterをはじめたくらいだと思うのですが。Instagramに投稿した自分のイラストに、ブラジルの女の子から英語でコメントがありまして。元からInstagramは海外の人と交流することも目的の一つだったので、それをきっかけに、イラストなどを掲載するときに英語を使うようになったり、Instagram上で英語でやりとりをするようになったんですね。お互いブラジルと日本で始めての友人で、イラストやデザインなど共通項が多かったのもありすごく盛り上がりまして、Instagramだけじゃなくて、Lineを交換してやりとりするようになり、だったらいっそのこと顔を見ながら話してみてはどうだとなり、Skypeで話してみる、となったんですね。

それ以前に海外の方と話す機会があっても、いざ英語で話すとなると3歩後をあるく大和撫子のごとく静かになってしまう状態だったので、どうなる事やらだったのですが、なぜか話せて本当にビックリしました!

TOEICやビジネス英語、留学の為の語学勉強などは置いといて、全く話せない人から話せる人への入り口にとってもとってもお勧めの勉強方法です。

とはいえ、にわかに信じがたいと思いますので、次項から、自分でも話せるようになった理由を知りたくて調べてみたことと共に、書くことが話すことに有効な理由を解き明かしていきたいと思います。

2.中高合わせて6年間も英語を学んでいるのに英語が話せないのは何故?

書くことと話すことの関係について調べていたら、そもそも第一言語と第二言語の習得の違いについてこんな記事を発見しました。

英語習得はなぜ難しいのか

第二言語の習得は、第一言語の場合と、どう違うか

第二言語の習得は、第一言語の場合と、どう違うか

母語でない言語を第二言語と言います。いわゆる「外国語」のことです。では、第二言語はどのようなプロセスを経て習得するのでしょうか? これについてもさまざまな説があり、どの説が正しいのかはまだわかりません。でも、習得過程を以下のように分けるとよいでしょう。最初に、「宣言的知識」を身につける段階があります。「宣言的知識」というのは意識的に身につける知識のことで、例えば、学校の授業で単語を暗記したり文法事項を勉強したりするのがこれに当たります。次に、「手続き的スキル」を身につける段階が来ます。「手続き的スキル」とは、特に意識せずに使えるスキルのことです。この段階にまで達すると、特にあらためて意識しなくても第二言語を話したり書いたりできるようになります「宣言的知識」の段階の後に、「手続き的スキル」の段階に到達することを「自動化」と言います。 自然に習得が行われて、「宣言的知識」の段階の存在しない第一言語の場合と異なり、第二言語の場合には「自動化」のための努力が必要です。 「自動化」のためには、「単なる暗記」や「理屈の理解」で終わることなく、第二言語を「実際に使う」ことが必要です。…  

 

英語を話すためには「宣言的知識」と「自動化」の2種類の勉強が必要だった。

記事によると、日本生まれ日本育ち、周りは皆日本人な、生粋の日本人である私たちが第二言語である英語を話せるようになるには宣言的知識自動化の2種類の勉強が必要だとの事

宣言的知識・・・中学校や高校でしていた、単語の暗記や文法などの勉強の事

自動化・・・実際に使うこと。

…6年勉強しても殆どの人が話せないのは、学校では、宣言的知識の習得のみに時間を費やしている為だったんですね! うん、話せなくても仕方ないですね!だって、話すための勉強をしていないんだから!ある意味安心です。当然です。大丈夫です。

と言うわけで、私が英語が堪能な人がオススメする書籍を読んでみる、単語を覚えてみる、映画を見る、本を読む、ちょっとした英会話を習ってみる、などなど色々試したことは全て宣言的知識の部分で、自動化の勉強をしていなかったんですね。納得納得。

では、「自動化」の為に必要な勉強とは何なのでしょうか。次項で脳の働きから書いていたら英会話が出来るようになった理由を紐解いていきたいと思います。

3.脳の働きを知れば納得!書くことが話すことに繋がる理由

何故書いているだけで会話ができるようになったのか、言葉を発する時の脳の働きについて調べていたら、先ほどと同じサイトにこんな記事がありました。

人が言葉を発する直前の脳の働きを解明する

私たちは毎日ごく当たり前に人と会話をし、自分の意見を述べたりしていますが、頭の中にある考えを言葉として発する際、脳ではどのようなプロセスが働いているのでしょうか。

…言葉が口から発せられるまでの過程に注目  私たちは毎日ごく当たり前に人と会話をし、自分の意見を述べたりしていますが、たいていの人は、話す事柄すべてを頭の中で暗記してから話しているのではなく、話し始めると同時に、文章を頭の中で次々に組み立て話すのです。文章を書くときも同様で…考えるときに使っていて、表出しない言葉を「内言」と言いますが、内言を使っているときにも話をしているときと共通した脳の働きがあると考えられています。

このことから、私たちが英語で話す為には、

話し始めると同時に英語の文章を頭の中で次々に組み立てられなければいけない

ということになりますが、これが、話す時でなく、文章を書くときも同様だというのです。 つまり、前項の自動化は=頭の中で考えていることを話し始めると同時に英語の文章を頭の中で次々に組み立てられるようにする作業で、その自動化の作業は話しても、書いても同じだということになります。

4.「宣言的知識」の習得は、これで十分。まずは英語の考え方と会話に必要な簡単な英語を知ろう。オススメ書籍のご紹介

中学、高校6年間宣言的知識として英語を学んできましたが、自分の思っていることを書く、話すのは、今まで勉強してきたこととは少し違う知識が必要です。 遠回りしなくても良い、オススメ書籍を3冊ほどご紹介したいと思います。

書籍の紹介 おすすめ書籍①

カラー版 CD付 中学3年間の英語を10時間で復習する本

この本はネイティブの方と仕事をしている方がオススメしてくれたので間違いないです! 文法を気にしすぎて話すことや書く事に臆病になってしまってはいけませんが、文法は意外とに大事なんですね。 とはいえ、中学校で習う文法で十分。 知ってるよ、と思うかもですが、とりあえずさらっとおさらいです。

おすすめ書籍②

51gfC4Rp4sL._SX347_BO1,204,203,200_

中学レベルの英単語でネイティブとペラペラ話せる本!

・・・冒頭の日本語は単語の使い分けを、英語は時制の使い分けを重視する、という部分を読むだけでも価値があると思います。 日本語は、時制があいまいなので、英語にするときも時制について意識しずらいのですが、書いてあるのを見てなるほどな、と思いました。 というのも、私には日本語を勉強中のアメリカ人の友人がいるのですが、彼は日本人だったら「大変だよ」「難しいよ」という所を、「大変だろう」「難しいだろう」と言うのです。 これが、日本人の私からするとすごく不自然なのですが、英訳すれば正しいというか。それは、時制を誤って話しているときにネイティブの方が感じる違和感と同じなんだろうな~と。

 

おすすめ書籍③

51c-aSimbvL._SX348_BO1,204,203,200_

英語はもっと句動詞で話そう

・・・難しい単語を使わずにネイティブの方はどうやって話しているんだろう、と思ったら、こちらの句動詞を覚えよう。殆どの事が簡単な単語で置き換えられることが分かります。そして、②の書籍でも書いてあるのですが、難しい単語を使うと寧ろ嫌味なんだそうです。せっかく覚えたのに、ネイティブの方から、嫌みったらしい奴、と思われたら嫌ですね。もぉ、難しい単語覚えようとする事自体やめちゃいましょう!

5.実際に書いてみよう。InstagramやTwitterを使った英会話勉強法。

紹介した本を一通り読むと、今までどうやって話したり、書いたら良いか分からないような事も、簡単な英語で書いたり話したりできることが分かるので、英会話へのハードルが大分下がっているし、脳の中で日本語を英語に変換し易い状態になっています。 あとは、つい日本語でつぶやいてしまいそうなことを、英語でつぶやいてみる、という事を続けていくのみ。

InstagramやTwitterなどのSNSをすすめる理由

普段つぶやいてしまうことは、自分が話したいと考えている内容で、会話に近い内容だと思います。

思ったことを書く方法には、日記やブログもありますね。日記を勧める書籍も沢山ありますが、話せない、書けない状態からはじめるには日記もブログもハードルが高いような気がします。

机や画面に向かって、さぁ書くぞ!では、勉強の為に書いている感じがしてしまって、あんまり楽しくないかな、と。

一方、Twitterは文字数が限られているので、長文がかけません。

思ったことを書くという単純明快な作業でチョコチョコ自動化の為の思考回路作りの訓練にはぴったりだと思います。

Instagramは、海外の方と気軽に交流できるサービスなので、英語で書いていても不自然じゃない所がオススメポイントです。また、知らない人からコメントが来たり、自分からコメントするのも普通なので、海外の方と気軽に交流できますので、積極的に交流してみることをオススメします。

 

InstagramやTwitterを使った英会話勉強法

①つぶやこうと思ったことを英語で書いてみる・・・今呟きたいこと、写真でアップするときに書きたい内容をとりあえず、何も見ずに書いてみます

②分からない・・・分からなかったら調べよう。インターネットにはネイティブの方から英語がぺらぺらの日本人まで、色々な方の英会話ブログがあります。生きた英語表現を知るきっかけになりますので、どんどん検索しちゃいましょう。※因みに、「書けない=話せない」という事なので、自分が現時点で何が話せて何が話せないのか認識するのにも役立ちます。

③実際に書く・・・調べて分かったら、実際に書いてみよう。iphoneには予測変換機能(アンドロイドのことが分からなくて申し訳ない)があるので、多少スペルが分からなくても入力できるので、そんなに大変じゃないです。

⑤覚える・・・①~③までの作業を繰り返していると、自然と単語や、イディオム等覚えていきます。それと一緒に自動化の思考回路作りが着々と脳内で行なわれています。

どうでしょう、嬉しくなっちゃいますね。短文で書けるようになってきたら、だんだん長文で書く事に挑戦してみましょう。最初は難しいですが、徐々にできるようになるので大丈夫です!

 

6、最後に、恥ずかしがり屋さんのあなたへ。

私は、幼い頃から海外の文化が好きで、英語への憧れはあり、英語の勉強自体は好きでしたが、とにかく学校の授業で英語の文章を読むのが嫌でした。発音はただカタカナに直した英語をそのまま読んでいるみたいなのがまず恥ずかしい。かといって少し上手に発音しようとしてみるのも恥ずかしい。下手なのも恥ずかしいけど、上手に発音できたとしても流暢に発音するのも恥ずかしい。 この、恥ずかしすぎる状態が、英会話上達の足かせになっていたな、と思います。

話さなくても、Instagramや、Twitterで英語で投稿するだけでも結構恥ずかしいかもしれませんね。

あの子、ロクに英語話せもしないのに、何で英語で書いてるの??日本にいると、そんな事がとても気になってしまいます。

でも、いざ英語で書いて、何かを投稿して、それで海外の方からコメントがあったとき、英語が上達している自分がいたら、そんな事はどうでもいいな、と思えると思います。

そして、片言の英語でも通じるし、会話になること、そして下手な英語をバカにする外国人はいない事が分かり、徐々に羞恥心から開放されていくのではないでしょうか。

まとめ

日本にいながら、毎日英語を話すことは、外国人のいる企業に勤めていたり、海外の友達が沢山いる環境でない限り、難しいと思います。

 

英語を話すためには、「実際に使う」自動化の勉強が不可欠なのですが、書く事は、相手がいなくても毎日出来るので、とにかく、深いこと考えずに、英語習得の為!という感じでもなく、普段呟こうとしていることを単純に英語で書くだけの感覚で気軽にやってみて欲しいです。

今あるアカウントだとどうしても恥ずかしい、と言う方は、英語専用のアカウントを作ってもいいと思います。

文章も会話も、だんだんと短い文章から長い文章が書ける/話せる自分になっていく、そんな感じなのでホントに楽しいです。

2020年にはオリンピックで沢山海外の方が来日しますよね!その時までに、道を聞かれたときに案内できる位になっている自分を想像しながら、楽しく書いてみてください♪

私も頑張ります!英語仲間は随時募集中です。

おまけ

書くだけじゃ物足りなくなってきた方にオススメの英語アプリ! Real英会話

real英会話 

有料ですが、480円で痒いところに手が届く、フレーズが沢山。しかも、発音練習、クイズのほかに、アプリ利用者が直接質問した、こんなときはどう話す的フレーズが毎日更新されます。

アプリの音声認識を使った発音練習が結構面白いです。変な発音だと一生次に進めませんが…

 

海外MBAホルダーがReal英会話アプリを使ってみた感想

海外MBAホルダーの方も太鼓判みたいです

 

 

・オススメChromeプラグイン

weblioポップアップ英和辞書

weblio

このプラグインを入れると、バーに検索枠が表示されるだけでなく、マウスをあわせると意味が出てくるので、英語の記事などを読む時に重宝します。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*